こうせいねんきんかいかん

真野恵里菜ファーストコンサートツアー
『Introduction~はじめての感動~』

行ってきました

「プロローグ~」のとき
サマパのイベントでは大阪でしたが
今回は地元の東京厚生年金会館

とれた席は少し後ろのほうでした

昨日の雨がうそのようによく晴れて
真野ちゃんの雨女話はもう聞けませんね

東京厚生年金会館
東京厚生年金会館に到着

東京ということで客席定員が多いんでしょうか
会場前にはすごい数のマノフレが!

グッズ購入の列が外まで続いています

ネットをチェックしてみると
開場から開演まで30分というのは
この会場規模にしては短いそうで
無事に入りきれるか危惧する声が…

その上開場自体も遅れて
予定より20分遅く開演

席は後ろのほうということで
かなりあきらめていましたが
なんと
自分のすぐ前には
収録用のビデオカメラのために
縦横数人分の空席が!

前が見通せてステージの床まで見えます

(以降 イベントの内容に関わる記述があります)

ステージ中央のグランドピアノで
真野ちゃんが「マノピアノ」を弾きはじめるのと同時に
ステージが明るくなり開演

レコーディングの頃とは随分歌い方が変わった印象で
いままでの経験の蓄積がうかがえます

弾き語りが続いたあと
「世界は サマー・パーティ」では
バックダンサーのエッグは6人が登場

この曲ではいつも S/mileage の4人だったので
意外でした

誰だろうと目を凝らしたのですが
自分の席からははっきり見えず

あとで確認したらやはり
S/mileage のあやちょゆうかりんかにょんサキチィ
こみねっちせっきーを加えたレギュラーメンバーでした

ゲストは前回同様カトノリ

初めての試みとして真野ちゃんとの朗読劇を披露

真野ちゃんが今回のコンサートにあたって
「違ったあたしが見れる」とブログで言ってたのは
これだったんですね

内容はファンタジーで
ちょっと悲しいけどコミカルでもあり
主人公が自分の存在意義に目覚める前向きなラスト

現実の真野ちゃんとは違いつつも
ピアノという特技をもってステージに立つ真野ちゃんと
重なる部分もあり

朗読がとても自然で
真野ちゃんだということも忘れて聞き入ってしまいました

「Pocly 4 Sisters」や「恋する星座」で発揮した
真野ちゃんの女優としての一面を見せる
いい企画だったと思います

今回
S/mileage による
「ぁまのじゃく」
もセットリストに入っていました

4人それぞれのソロパートのあとのタイミングで
ファンがそれぞれの名前をコールするんですね

見事な共同作業に妙に感心

カヴァー曲として一曲
「ロックン・オムレツ」(森高千里 1994年)

サマパのイベントのとき
なんばHatchでの回でのみソロで披露された
「ハッピーバースデイ・ママ」は
今回バックダンサーつきで
例のケーキ作りの振りを7人でやったのが壮観

「はじめての経験」は
前奏が流れたときに客席から歓声が!

この曲は私も好きですが
マノフレみんなも心待ちにしている
真野ちゃんの代表曲なんですね

アンコールでは
メジャーデビューシングル
「乙女の祈り」のあと

夏休みの全国キャンペーンで
幼い子供からお年寄りまで
いろんな人に応援してもらえたことを話しました

長崎での
初めて真野ちゃんを知った人にCD 買ってもらい
応援の声をかけてもらった話では
ナキムシ真野ちゃんらしく涙で声を詰まらせる場面が

すかさず客席からは恵里菜コール

真野ちゃんにとって
九州から北海道まで全国を回ったこの夏の多忙な日々は
とても印象深い出来事だったのでしょうね

最後は
今回のコンサートのために用意した
ファンへの感謝の気持ちをあらわす曲だという
「まつげの先に君がいる」

私が行けなかった
サマパイベントの横浜会場で初披露された
CD未収録のもので
明るくアップテンポでオーソドックスなアイドルっぽい
真野ちゃんには珍しい曲でした

途中からエッグの6人が加わり
盛り上がってフィナーレ

余韻のなか会場を出るともう夕方

都庁に行って東京を見下ろしてみました

都庁展望台より

"こうせいねんきんかいかん"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]