めいじざ

つばき、時跳び
ふたたび観に行ってきました(前回の記事

こういう劇は複数回観るほうが楽しめると
いつだったか真野ちゃんも言っていたような覚えがあります

わたしも
「恋するハローキティ」を観たときには
二回目にいろいろ発見がありました

今回知り合いも観たいというので
それに便乗して一緒に行くことにしました

明治座外観
ふたたび来た明治座

今回の席はかなり前のほうの花道沿い

入場して座ってみると……近い!

ハロプロの現場ではなかなか手に入らない席ですが
この舞台はやはり演劇自体を観たい方が多いのでしょうか
直前の購入だったにもかかわらず複数並びの席が空いていました

初回観た際は
あえて原作も観覧レポも一切読まずに臨みました

しかし今回はストーリーを把握しているので
後になって出てくるものの前ふりがここで出ていた
というものもいくつか発見できました

また
現代パートと過去パートそれぞれの街の場面で出てくる店員役は
みんな別のパートに出ている役者なんですが
誰が誰なのか初回は見逃したのを改めて確認できました

誰かがセリフを言っている時の周囲の役者にも注目すると
別の場所で演技しつつ小声でセリフを言っています

この舞台では
オープニング映像とか
休憩後にすこし戻っったところから始めるというように
テレビ的演出がいくつかあるので
これも「マイクが拾わない声」という位置づけでしょうか?

また
舞台ならではの回ごとの違いも見どころですが
前回「マクドナルド」だった真野ちゃんのせりふが
今回は「マツモトキヨシ」だったり
カーテンコールで永井さんのバク宙があったりと
前回観たときと異なるパターンをやってくれました

今回の席は花道の前のほうということで
後ろから来た役者が自分の間近で立ち止まり
わりと重要な場面が演じられることがありました

真野ちゃんの場面1回ありましたが
どれもさすがにすごい迫力でした

出演者ののぼりが並ぶ
明日は千秋楽



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック