さんすとりーと

今日は体育の日

3連休の最終日ですが
サンストリート亀戸で
この胸のときめきを」発売記念イベントが
ありました

発売前日の9/29から連日行われたイベントが
先週10/4のラクーアで一段落したあと
新たに決定した今回のイベント

ラクーアよりさらに近くなので行ってみることに

早めに着いたので
リハーサルから見ることができました

今回はバックダンサーなしの
真野ちゃんのソロイベント

私はこの形態は初めて見ます

披露されたのは
「この胸のときめきを」と
メジャーデビュー曲「乙女の祈り

こういうイベントでの「乙女の祈り」も
私は初めてです

ここは
今年3月にその「乙女の祈り」の
発売イベントを行なった場所なのだと
真野ちゃんが今日のMCで言ってました

さらに狼板で知ったんですが
音楽ガッタス時代
真野ちゃんが初めて握手会に登場したのも
ここだったのだそうです

ゆかりのある場所なんですね

サンストリート亀戸
「INFORMATION」の左上に
今日の真野ちゃんのイベントが

日を追うごとにうまくなっている
真野ちゃんの歌

今日は全編弾き語りでしたが
2曲とも前奏間奏だけ弾いて
歌の間はあまりピアノを弾いてないんですね

手をひざに置いて歌っているのは
なにやら手持ちぶさたな感じですが
ラクーアでもこうだったのかどうか
当時私は気にとめていませんでした

あと
風があったせいで
しばしば顔にかかる髪をはらっていて
ちょっと歌いにくそうでした

リハーサルのとき聴いてすぐ気づいたんですが
「乙女の祈り」の歌い方が変わりましたね

「この胸のときめきを」の歌い方に
あわせたのでしょうか
技巧的になっています

おそらくそういう指導がなされたのでしょう

これは…
いかにも「歌がうまい」ように聞こえるものの
他人が歌うカラオケのようで
「乙女の祈り」の曲と歌唱が描き出した世界が
再現されないと思うんですが…

人によって賛否あるようですが
私はアンケートの機会があったら
オリジナルのような歌唱を希望と
書いておこうと思います

そしてMC
真野ちゃんのイベントでは
天気が定番の話題ですが
今日の天気には真野ちゃんも晴れ女宣言

意地悪に「えー」と言うマノフレもいたものの
多くの人は拍手で応えました

真野ちゃんは先ごろ5日間泊りがけで
南の島に行ってましたが
そのあいだに台風の襲来がありましたね

まのぶろぐにその日の様子が書かれていました

仕事が一日キャンセルになり
停電に備えてランタンを渡されたという
ことでしたが
真野ちゃんは天気つながりで
そのときの話を披露

ホテルの上のほうの階に泊まっていたのですが
危ないということで
下の階に移るよう言われたのだとか

かなりすごい状態だったようです

停電に備えてランタンを渡されたのは
下の階に移ったときだったのだそうで
点灯の仕方がわからないと心配する真野ちゃんに
ホテルの人が
「電池式だからお嬢ちゃんにも使えるよ」

中学生くらいの子供だと思われたのだという
真野ちゃんらしい話

でも最近
16歳に見てもらえたことが
あったのだとか

いつもながら
内容の選択も絶妙で話の流れもいいし
客席の反応を見ての返しも巧みで
さすが真野ちゃん!

イベントが終わったあと
他の用事を済ませて
日の落ちた頃帰りましたが
さすがに寒く
秋の到来を感じさせました



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック