あいえむぴーほーる

「真野恵里菜デビューコンサート『プロローグ~乙女の祈り』」
(大阪・松下IMPホール)

14:15開演なので
入場時の混雑がおさまったと思われる14時ころに
二階の会場入口へ

特設のグッズ売り場で
今まで持ってなかったインディーズ時代のシングル
「マノピアノ」
「ラッキーオーラ」
「ラララ・ソソソ」
を買いました

ポスターをいただけるそうなので
「ラッキーオーラ」のポスターをチョイス

あと
別のカウンターで「イベントV」も
購入しましたが
これはちょっと高かったですね…

(以降 イベントの内容に関わる記述があります)

会場に入ると既に歌がはじまっていて
客席はかなり盛り上がってます

これ…ハロプロの曲じゃないですね?
昔…CDTVで見たことある!

アニメ?ゲーム?の曲?
(→「檄!帝国華撃団」という曲でした)

これがゲストとして名前のあったSI☆NAですね

座席は
はじめての経験」発売記念イベント
での9列目に対し
今回は10列目

前回と同じく中央やや左なので
ステージの見え方はほとんど変わりません

そして開演

グランドピアノの弾き語りによる
メジャーデビューシングル
乙女の祈り
でスタート

続いて
つい先ほどCDを買ったばかりの
「ラララ・ソソソ」

この曲は
ネット上でしばしば絶賛の言葉を目にしましたが
初めてじっくり聴くことができました

「ラッキーオーラ」のほうは後半に
バックダンサーつきで登場

こちらもいままで断片的にしか聴いたことがなく
ダンスつきを見るのも初めてでした

素人目には「はじめての経験」より
複雑なダンスに見えました

客席のマノフレの多くは既に知っているようで
手を振る場所とかみんなきっちり同期してました

そのほか
「乙女の祈り」のカップリング
「水色想い」も
初めて聴きました

中央に設置したマノピアノ
弾き語りでしたが
設定を変えてピアノじゃない電子音を使っていて
なんか春っぽい?うきうきした感じの曲に
なってますね

そして
今回のコンサートで1曲だけオリジナル以外の曲

真野ちゃんにとっては
新人公演で歌った想い出の曲だという
「スクランブル」(後藤真希 2003年のシングル)

古参の方々にとっては
おなじみの曲らしく
この曲だけ客席の振りとコールがすごい!

MCには
事務所の先輩カトノリに加え
大阪公演だけの特典として
地元で活躍中の岡πが参加

ソファーに座ってのトークで
ステージのセットは部屋をイメージしてたんですね
なんか日本の古民家風にも見えます

まのえりヒストリーと題し
真野ちゃんの幼少期からオーディション落選と再挑戦
音楽ガッタスを経てインディーズソロデビュー
そしてメジャーデビューと
今までの出来事を映像で紹介していきます

カトノリのお若い頃の映像「カトノリヒストリー」を
披露してしまうというオチも

また
次回発売のシングル
世界は サマー・パーティ」のPVも上映し
一緒に観賞

初披露とはいうものの
今日の大阪公演の時点では
Dohhh UP!で既に公開されてましたね

そのほか
はじめての経験」と
カップリングの「ナキムシ・ヨワムシ」
そして「世界は サマー・パーティ」
もちゃんとセットリストに入ってました

そしてアンコール…
真野ちゃんの場合「恵里菜コール」なんですね

しばしの暗転ののち
真野ちゃん
ピンクのワンピースに着替えて再登場!

そして挨拶

毎回泣いてしまうという真野ちゃん
今回も泣きそうになったところで
客席から恵里菜コール

真野ちゃん
「そうやって泣かそうとする~」

曲は
真野ちゃんがソロになって初めて
自分のために書いてもらった曲として
とても大事にしているという
インディーズデビュー曲
「マノピアノ」

これで
既発売のシングルおよびカップリングは
すべて登場したことに

そして最後のお別れ

中央と左右で
礼儀正しく深々と頭を下げ
笑顔で手を振りながら退場する
真野ちゃんらしいスタイルでした

大阪城
コンサートのあと大阪城天守閣にも上りました

今回の大阪公演
急に思い立ったので遠方での参加となり
出費がかさみましたが
関西は数年ぶりでいい刺激になりました

そして
今までの曲を一通り聴けたこと
そして
真野ちゃんの今までの軌跡が
VTRで紹介されたことで
自分にとっては
真野ちゃんを知るいい機会になりました

IMPホール
さようならIMPホール


参考
一人で行く真野恵里菜デビューコンサート「プロローグ~乙女の祈り~」その4
http://dubai.2ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1244954487/



この記事へのコメント


この記事へのトラックバック